NEWS

一人前の技術者を目指す

ふるさと共に生きてゆく。

業務第二部 土木設計課 土木設計グループ

中村 裕太 NAKAMURA YUTA

2013年入社

※記事の記載内容は、インタビュー取材時点のものとなります。
PROFILE

高校と大学で学んだ土木の知識を活かしたいと思い、地元の当社に入社。入社後は土木設計課という部署で主に道路設計業務に従事。道路の設計では先輩の助けをうけながら道路線形や構造物の検討を行い、経済性や施工性を考慮して最適な案を提案している。

学校で学んだ知識を生かしたい

私は、高校、大学で土木を学びました。社会ではこの知識を活かしたいと思い、地元でも有名な大建コンサルタントに入社したいと思っていました。また、会社説明のときに自分の大学の同学部の卒業生がいたことも大きな理由です。

関わった仕事が完了する喜び

仕事を通しての喜びは、やはり自分が携わった道路設計業務の完了時や工事が完了し、供用されたことです。一方で、担当する設計業務は幅広い知識が求められるため、様々な基準書を理解したうえ、それぞれの現地状況に応じて臨機応変に活用する能力が必要となり、日々苦労しながら頑張っています。

社員が成長しやすい風土がある

当社は資格取得に対してのバックアップが整っており、社員が成長しやすい風土があると感じています。
私自身も様々な資格を取得してスキルアップを図りながら、1 つの業務をこなせるような技術者になりたいです。

一緒に社会貢献しましょう

建設コンサルタントという業界は仕事の幅が広く、多種多様な知識が必要なため非常に大変です。ただその分、一つの業務を納品したときや工事が完了したときの喜びも大きく、非常にやりがいのある業界です。私は皆さんと共に社会貢献のできる当社で一緒に働ける日を楽しみにしています。

INTERVIEW MOVIE

ENTRY